カテゴリー別アーカイブ: エッセイ

花の魂

朝露が美しい。でも散る時が来ます。すべてのものに時があるように。ふと浮かんで来ました。金子 みすゞさんの「花の魂」という詩です。散った花の魂は御仏様の 花園でパッと花咲くの—という詩です。最後のところみすゞさ … 続きを読む

カテゴリー: DAMIEN 原田, DAMIEN 原田の東京日記, エッセイ, ダミアンのつぶやき, ダミアン原田 | コメントをどうぞ

五月です。新しいこと?

春。何かが動き出す予感。ちょっとお休みが長すぎました。でも春の予感に促され言葉を紡ぎ出したたくさのことを語りたい。独り言に真実があるかも。何が本当?伝えたいことがたくさんあります。

カテゴリー: DAMIEN, DAMIEN 原田, DAMIEN 原田の東京日記, エッセイ | コメントをどうぞ

新年あけましておめでとうございます。

       

カテゴリー: DAMIEN 原田, DAMIEN 原田の東京日記, エッセイ | コメントをどうぞ

夕焼け

今日の夕陽はとても美しかった。カメラに残しておこうとさがしに走った。 何十秒後あの美しかった夕陽は灰色となり、ほんの少し赤味が残っているだけ。 美しいと感じた時、存分に静かに充分味わっておくのがいいとつくづく思った。 た … 続きを読む

カテゴリー: エッセイ, ダミアンのつぶやき | コメントをどうぞ

真夏です。近況報告!

  暦の上では残暑、秋近しでも熱い!暑いではない。 そう長の御無沙汰でした。パリから戻る時787型機またしてもトラブルでパニック。そして目黒学園カルチャセンターでシターのコースを始めました。水曜日です。小さいタ … 続きを読む

カテゴリー: cithare, エッセイ, シター | コメントをどうぞ

初夢

初夢とんでもないもの?を見たと思った。 一富士 何とか・・・・・・・・。 縁起が良すぎて気味が悪い? 雲は龍だったかも・・・益々だ。 今年は気をつけようとも思った。 夢をその通りに10号キャンバスに一機に描いた。「黄金富 … 続きを読む

カテゴリー: エッセイ, ダミアン絵を描く | コメントをどうぞ

「冬の花」 シター演奏

  冬になると何故か落ち着きません。 それは、雪だよりを待っているからです。 北国の方々の雪との戦いは十分に知っているつもりです。 私も雪おろし、食糧不足、郵便が届かない、燃料の不足といろいろと体験致しました。 … 続きを読む

カテゴリー: エッセイ, シター, シター演奏, シター演奏動画, シター演奏(映像) | コメントをどうぞ

ありがとう皆様!

街の並木を鮮やか色になり秋から冬への趣が感じられます。先日、皆様のお陰で無事リサイタルを終えることが出来ました。色々な思いもありました。でも年を重ねるごと欲が出てくるのです。私はです。そして、多くの人とシターの音に包まれ … 続きを読む

カテゴリー: エッセイ | コメントをどうぞ

からすのお願い

私を悪いカラスにしないで下さい。 帰るお山もなくなって私のお家はどこですか?!! 私は、食事も(餌といわないで)ままならないのです。 道に置かれた残飯、私は悲しくてドキドキして食べています。 私がおそうじが出来たらいいの … 続きを読む

カテゴリー: DAMIEN 原田の東京日記, エッセイ | コメントをどうぞ

今日、思ったこと。

  今は、11月21日近江楽堂のリサイタルの準備でなにかウロウロとした感じで過ごしています。 ウロウロなんて!でも、そうなんです。 それから今頃テレビとか映画で泣けて、そして、慰めと励ましの内容が多いと感じるの … 続きを読む

カテゴリー: エッセイ | コメントをどうぞ

私は、シター

今年こそバッハをがんばろうって来ました。でも今、一番必要なことはと自問自答、言うまでもありませんシターをもっとたくさんの人に聞いてもらいたい、弾いて欲しい、それだけです。 11月21日東京オペラシティ内 近江楽堂でシター … 続きを読む

カテゴリー: エッセイ, コンサート案内, シター | コメントをどうぞ

クリスマス

今年のクリスマスは、ホワイトクリスマスになりそうです。雪国のみなさんは、大変だと思います。 クリスマスが来るといつも言ってます。何? 幼きイエス様は、人間の罪を背負うためこの世にこられたのです。クリスマスに救い主、いけに … 続きを読む

カテゴリー: エッセイ | コメントをどうぞ

ゆめとうつつ

  今の世のことを金子みすずとサンディグ・ジュべりは、よく言い当てていると思います。 私自身のみすずさんへの思い、そして、サンディグ・ジュベリへの思いがあります。 「 昼の星 」は見えませんが光を見ましょう。光 … 続きを読む

カテゴリー: エッセイ, 金子みすず さん | コメントをどうぞ

もう一年も終わりです。

  もうクリスマス、そして、年の瀬、今年も一年暮れました。 初めてのパフォーマンス、銀座でのダミアン原田絵画展、そして、新しい楽器との出会い、波紋音です。 12月23日赤羽の喫茶店マッカランでシター、波紋音と同 … 続きを読む

カテゴリー: エッセイ, コンサート案内 | コメントをどうぞ

ダミアン絵画展

  皆様のご協力で無事絵画展を終えることが出来ました。色々な方との出逢い、銀座の雰囲気、新鮮でちょっとオロオロした体験でした。 書きたくなった絵があります。今は秘密!音楽活動は、「波紋音」でがんばりたいです。 … 続きを読む

カテゴリー: エッセイ, 未分類 | コメントをどうぞ

シター教室発表会

9月15日東京オペラシティー近江楽堂に於いて東京古典楽器主催のシター発表会を無事終えました。広島、京都と遠くよりの方々もいて本当に感謝。ありがとうございます。たくさんの予想外のお客様にはありがたい気持ちで一杯です。正直よ … 続きを読む

カテゴリー: エッセイ, シター演奏, 未分類 | コメントをどうぞ

梅もどきの木

葉が落ちてしまった。                              枯れた。                                      でもあきらめず水をやる。                 … 続きを読む

カテゴリー: エッセイ, 未分類 | コメントをどうぞ

音楽

  何かあわただしく、台風みたいな数週間、広島、宮崎と駆け回りました。今はシターの教則本書き、10月15日から始まる銀座のギャラリーでのダミアン原田絵画展の作品描き。 音楽って何だろうと思いました。楽器音色、そ … 続きを読む

カテゴリー: エッセイ, 未分類 | コメントをどうぞ

父と雨

  雨が降ってます。どしゃ降りです。父は、こんな雨が大好きでした。           読書する目を窓の外に向け、じっと見入ってました。 私も今、父のように雷の音に心おどらせ、ガラス窓に額を押し付けて雨ををじっ … 続きを読む

カテゴリー: エッセイ | コメントをどうぞ

俳句三昧

  もう何十年前か忘れました。一日の出来事を川柳や俳句にしてみることです。まあ、日記ですね。というより かっか、かっかと頭に来る出来事があったら川柳、俳句で読むと冷静になるのです。内容は、芸術性は?です。 一句 … 続きを読む

カテゴリー: エッセイ | コメントをどうぞ

落日のモンサンミッシェル

    島外より眺めたモンサンミッシェル、様々な人生が繰り広げられた島、何故かケルトの魂が島を埋め尽くしているように私には感じられた。 人の悲しみと憎悪に塗り込められた島。この島を訪れる人々は何を感じとっているのか知りた … 続きを読む

カテゴリー: エッセイ, 未分類 | コメントをどうぞ

モンサンミッシェル紀行 2012年6月

古い港町オンフルールを経由してたどり着いたモンサンミッシェル。お久しぶり。だがそこは、なんと雑踏の道に変わっていた。 細い道は、原宿竹下通りか軽井沢銀座。観光客がひしめき合い、身をよけるように歩いていた。そこには時折、多 … 続きを読む

カテゴリー: エッセイ | コメントをどうぞ

子供の日 ひとつの思い

  5月5日某テレビ局の番組、相馬の子供達のドキュメンタリーを見ました。素直に受け止めれませんでした。大人の企画した番組の流れ、取材に子供達はどんな思いで応じたのか心が痛みました。カメラが廻る前に立つということ … 続きを読む

カテゴリー: エッセイ | コメントをどうぞ

私の花畑

                                                                                                               … 続きを読む

カテゴリー: エッセイ, 未分類, 金子みすず さん | コメントをどうぞ

孕みと音 パフォーマンス

    ダミアン原田全開の一日でした。                                                                                            … 続きを読む

カテゴリー: エッセイ | コメントをどうぞ

  毎月新幹線で通ってる関西。また、冬がやって来ました。関ヶ原、米原へ入ると突然雪景色です。窓の外で雪が降る音が聞こえてきそうです。                                             … 続きを読む

カテゴリー: エッセイ, 未分類 | コメントをどうぞ

ながい夢 (一日のおくりもの)

私にとって人は、みんな宝です。知らない人も、親しい人も、きらいな人もぜーんぶ宝です。 私をたくさん考えさせてくれるから、電車を待つ時も、せっせと階段を上る時も、人は、いいですよ。 私をキラキラさせてくれます。良くも悪くも … 続きを読む

カテゴリー: エッセイ | コメントをどうぞ