ほうずき

紅いほうずきを見ると母を思いだす。髪にさしたピンで手際よくほうずきの種を取り出す。そして、出来上がりキュッ キュッと鳴らした。 ちっちゃな私は、がむしゃらにせがみ、ほうずきを口にほうりこみ、頬をしぼめたり、息を吹き込んだ。でも、鳴らない。私は、声をあげて泣いた。                                                                                   紅いほうずき。お盆です。母が思いだされ、ふと目がにじんだ。                                                                                           

アトリエ風の琴 の紹介

シター(弦楽器)、パイプオルガン、コト・モノコード(弦楽器)、琴、十七弦奏者 パリ・エルサレム会会員
カテゴリー: 母の思い出   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.