孕みと音 パフォーマンス

 

 

ダミアン原田全開の一日でした。                                                                                                                     絵画、ダミアン人形の展示販売も行いました。

パフォーマンスは、怪しく、美しくそしてハード、パワフルなステージでした。                                                                                          舞台演出も素敵でした。                                                                                                                       自我自讃になりますがとてもよい一日でした。

全ての世界が慰めを得たでしょう。                                                                                                                 また次の機会を心待ちしています。

アトリエ風の琴 の紹介

シター(弦楽器)、パイプオルガン、コト・モノコード(弦楽器)、琴、十七弦奏者 パリ・エルサレム会会員
カテゴリー: エッセイ   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.