落日のモンサンミッシェル

   

島外より眺めたモンサンミッシェル、様々な人生が繰り広げられた島、何故かケルトの魂が島を埋め尽くしているように私には感じられた。

人の悲しみと憎悪に塗り込められた島。この島を訪れる人々は何を感じとっているのか知りたい気持ちもする。モンサンミッシェルを目指す観光客には、水を差し、ひんしゅくを買うだろう。

島の事情を知る私にとって島の行方は不安だ。島の周辺の環境問題も含めて、ふと溜息が漏れた。

 

アトリエ風の琴 の紹介

シター(弦楽器)、パイプオルガン、コト・モノコード(弦楽器)、琴、十七弦奏者 パリ・エルサレム会会員
カテゴリー: エッセイ, 未分類   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.